海外製ポーチのアレ

この記事をシェアする

 

新たなポーチを入手しました。

MILLET VOYAGE PADDED POUCH MIS0660 0247 BLACK-NOIR U

登山用に新しいポーチ(主にスマホや行動食を入れるため)を購入。

 

この手のアイテムは使いやすさの意味で海外のメーカーを選ぶことが多く、使う前の「洗礼」としてタグのカットがあります。

 

各国の選択表示が記載された短冊状のタグがみっちりと詰まっており、スペースの一部を占領している・・・。

毎度のことなのでもう慣れっこですが、いつも「これって必要?」と小首をかしげてます。

 

ハサミを入れるだけでは収まらず、ほつれ防止のためにライターで炙って端っこを固める必要があるので少々メンドイんですよね。

 

 

今回も例に漏れず大量のタグを見て

「はいはい、いつもの光景ね」

と思ってましたが、アレ? なんかちょっとだけ形状が違うような・・・

まじまじと観察するとタグがまとめてカットできる仕様に変更されてます。

1箇所をパツンっとカットすればOKなように改善されとる・・・

 

 

 

 

しかも繋がっている部分は不織布を使ってるから極めてほつれにくいと来たもんだ!

前もってタグパーツだけを大量に縫製してから、商品に縫い付けてるんじゃないかな? とか考え始めると興奮が止まりません。

 

「こんなんされたら・・・ もう更にファンになるしか無いじゃんか!」

お客さんの心を掴むってこうゆうことなんだなぁ・・・。

 

こんな細かい箇所でも不快と思っているユーザーの声に耳を傾ける大切さを痛感。
コレ大事! メッチャ大事なことだと思います。

 

とりあえずカットしたタグは今後の参考+自戒のために大切に保管することにしました。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です