ポツンと一軒家

この記事をシェアする

通勤途中で横目に見る山の上の「ポツンと一軒家」。

 

一見、民家にも見えるんですけど、神社・・・?

気になってはいましたが、なかなか答え合わせができないまま数年が経過。

年明けに「2月に入ったらあそこへ行こう!」と決めて、小さいリュックに行動食を詰めてプチ登山の準備を開始。

 

 

同時に、休日と言えばゲーム!!」と変化の薄い休日を過ごす息子達の未来が真面目に心配になってきたので「冒険」と称して一緒に連れて行くことにしました。

 

 

高さ的には200mに満たない山なので、「近くに行けば分かるだろう」と軽いノリで現地入りしましたが、なかなか登山道が分からず・・・。

ソレらしい入り口を見つけて登っては下りを繰り返し、結局次の日に持ち越し。

 

 

近隣の地形を頭に入れて、ある程度の目星を付けて登った山道がビンゴ!

 

 

ようやく辿り着いた先には人気の無い神社がポツンとありました。

 

 

低めの山ながら周囲に木がほぼ無いため見晴らしは最高。

個人的には「あの建物にとうとう辿り着いた!」という変な達成感に包まれました。

想像していた以上に立派な社で、地元の人がしっかりと管理されているようです。(掃除道具とか整理されてる)

 

 

時間にして半日ほどの短い冒険でしたが、画面上では経験できない体験をしたことで子供達も良い顔をしてました。

 

 

社へ辿り着くまでに“どこかへ続く山道”を何本か見つけたので、答え合わせのため来週以降に行ってみよう!と決めて帰路に就きました。

こんな出会いがあるので低山ハイクは辞められないですね。

高い山々を登るのも楽しいですが、思いもよらぬ冒険要素あるため低山ハイクは辞められません。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です