レザーと青棒の刃物磨き

この記事をシェアする

前回の続きです。


取り出しましたのは「青棒」

 


革の「床面(普段は裏側として使う部分)」にまんべんなく塗り込んでいきます。

表面がザラついているので良い具合に馴染んでいきます。

 


ミシン油を数滴垂らし、青棒で擦りながら馴染ませれば完成!

 

 


同じ要領でフックナイフ用の研ぎ棒も作ってみました。

 

 


側面を段階を経て研ぎ面に当ててゆっくりと往復。

 

 


続いて裏側も同じように往復させます。

円柱形になっている+ミシン油のおかげで割とスムーズに往復が可能。

 

 


数回行うとしっかりと刃が付いているのが目視できました。

さすがにカミソリレベルの切れ味には届きませんが、普通にカービングするためならば充分に威力を発揮する道具だと思います。

そんなに難しくないので是非挑戦してみてください。

 

 

【NEXT >>】

フックナイフシース(カバー)を作ってみた

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です