フックナイフシース(カバー)を作ってみた

この記事をシェアする

抜き身で保管していたフックナイフのカバーを作ってみました。


こんな特殊なナイフをどうやってカバーするんだろ?

と疑問に思う度、過去にコイツから受けた傷がうずきます。

 

短冊状にカットした厚紙に包んで保管していたのですが、うっかり怪我をする可能性もあるので、web検索してみたら何点かヒット。見よう見まねで作ってみました。

 

 


2mm厚の革を使用、刃全体を包むようにカバー。(刃が付いている部分が奥側)

根元を包んでスナップボタンで固定。

実に理にかなった造形です。最初に考えた人スゴイ!

 

 


刃先を溝に挿入する際はちょっとした抵抗があるので、慎重に滑らせていきます。


最初は「こんなので本当に大丈夫?」と心配したものですが、思っていたより安全にガードしてくれます。

カバンに入れて持ち歩くには少々勇気がいりますが、引き出しに保管する用途なら問題ないと感じました。

 

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です