シークレットリングを作ってみよう その4【ベルトサンダー購入】

この記事をシェアする

綺麗なクリスタルカットを行うためだけに「ベルトサンダー」を購入しました。


購入したのはリョービ(RYOBI) ベルトディスクサンダ BDS-1010

レビュー評価とコスパが魅力のベルトサンダー。

 

 


とりあえず初めてのことなので手探りの状態で研磨を開始。

粗め(80番)を使ってみると恐ろしいほどの速度でレジンが失われていきます。

冷や汗をかきながら速攻で停止。

400番のサンドペーパーに換装します。

 

 


作業にある程度慣れてきたので、指輪の形をペンで描き込んで荒削りに入ります。

 

 


相変わらずものす凄い速度でレジンが小さくなっていきます。

ここで失敗すると今までの工程が全て藻屑と消えるので変な汗を流しながらの作業。

 

 

 
軽く力を加えるだけで、真っ直ぐな面を作ることができるので、電動工具の素晴らしさを痛感します。

「慣れてきたかも・・・」と調子に乗った気持ちになるとなんらかの天罰が下るので、謙虚な気持ちを保ったまま作業を続けます。

 

 


見よう見まねでソレっぽい形が完成。

 

 


これ以上電動工具を使うと細かい箇所の修正が厳しいと判断して、今後は手作業で加工していきます。

 

 


ナイフを使って全体の様子を見ながら慎重に掘り進めること30分。

ある程度形が整ったところで、サンドペーパーを使って滑らかにしていきます。

 

 


次回は仕上げ作業に入ります。

 

【NEXT >>】

シークレットリングを作ってみよう その5【一応完成】

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です