オレオレオ

この記事をシェアする

webでちょっと面白い画像を見つけました。


「オレオ」をビスケットとクリーム部分に分けて再構成するという禁忌スレスレの荒技。

もはや言葉遊びに近いネタです。

オレオが良い感じにゲシュタルト崩壊を起こしている様を見てホッコリします。

 

 

 
とりあえず近所のコンビニで購入して実際に組んで検証みました。

 


喜び勇んで購入したオレオが「ミニサイズ版」だったのを開封してから気付き若干ヘコみましたが、気を取り直して「オ」「レ」を分離する作業に入ります。(仕事の昼休み

 

やわらかいイメージの「レ」でしたが意外と硬度があり天面の「オ」を取り除くだけの作業ならば結構楽チンだということが判明。無駄知識

 


問題は残った「オ」「レ」の分離ですが丸腰では難しく、スプーンの柄の部分を使いながら取り除きながらの作業。

 

 

 

バラバラになってる「オ」「レ」の状態はビジュアル的には最悪で、後輩達の冷ややかな目線が実に心地良く感じました。

 


実際に組んでみた方々↑

検証した結果、「オレレレレレレレレレレオ」はクリーム率多くて甘すぎ。

検証前は一番美味そう!って思っていましたが、なかなかの肩すかしを食らう結果となりました

 

 

色々と検証してみましたが、「オレオレオ」のように「オ」「レ」の比率が2:1が一番最適。

 
つまり、

_人人人人人人人人人人人人人人_
> 標準のオレオが一番美味しい!<
 ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

という結果となりました。

 

 


「オオオオオオオオオオオオオオオ」↑

「レ」という繋ぎがないと簡単に倒壊してしまう儚い存在です・・・

 
見て納得する以上に、「実際やってみてわかることって沢山あるよな〜」と、改めて痛感した一件でした。(オレオまみれの両手で

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です