サイフ作り カラバリを検討

この記事をシェアする

新しいカラーのX-Pac生地を購入。商品化に向けて色々と試行錯誤を試みてます。

カラーバリエーションは何種類か出したいので気の向くままに検証。


今まで彩度の低いカラーの生地(黒、グレー)で作りまくっていたので、気分転換には非常に良いです。

 

 


外観はシンプル路線でほぼ決定ですが、内側はアクセントを付けたファスナーが諦めきれず、ひたすら試作品を作り続けます。

 

 


これはどうなんだろ? 

もはや良いのか悪いのかの判断が付かない状態となっていました。

・・・時間をおいてしばらく考えることにします。

 

 


そろそろ世に出すことを意識して「量産化に向けた仕様」を煮詰めていきたいところなのですが、カードの飛び出し防止として取り付けたタブの素材をどうするか?を迷っています。

 

 


このサイフの特徴である小銭入れは、「裏側にあるポケットにプラスチックのカードを挿入」することで初めて機能します。

縦方向にカードを差し込むため、抜けを防ぐための「フタ」となるパーツが必要だったので、現状は薄手の合皮を縫い付けてます。

今までは気にならなかった箇所ですが、いざ商品化を前提にみると見た目と耐久性が気になり始めました。

いずれ何らかの解決方法を考える必要がありそうです。

 

 


そんな中、アクセントをプラスしたサイフ第二弾。

ブルーのX-Pacを使って作ってみました。

 

 


中につかったファスナーと引き手もオレンジ色を使用し、アクセントが効いています。

 

 


どちらもソレっぽい印象で満足。

カラー展開とタブの素材・・・課題はまだ山積みです。

 

【NEXT >>】

神隠しの防止策

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です