情報カード(GTD)ホルダーの修理

この記事をシェアする

以前自作した「情報カードホルダー」のジャバラ部分が破損したので修理しました。


なんだかんだで毎日のように使い続けて約1年。

破損箇所がチラホラ出きてはいたのですが、見て見ぬふりをしてはセロテープで補強しつつ延命措置を続けてました。

さすがに使用感に影響が出始めたので重い腰上げて修理に取りかかりました。

 

 


まずは破損している箇所の確認から。

普段は気付かなかったのですが、要所要所で結構なボロボロ加減・・・

「まだまだ行ける!」と気合いでなんとか乗り切るリミットは、とうの昔に過ぎていたのだと反省しました。

 

 


「一般的な画用紙」を使用して約1年ほど使用に耐えたため、今回は更なる酷使に耐えうる紙を探した結果「タイベックス」に白羽の矢が立ちました。

 

 


触った感覚は以前の画用紙とそんなに変わらない感じです。

うっかり違う紙と間違えたのか?と錯覚してしまうほどの普通の紙っぷりにしばし困惑してしまいました。

 

 


裏側にマジックテープを縫い付けてホルダーと合体!

破損した箇所が原因でホルダーの自立さえ困難だったため、ストレス無く使えるのが嬉しい。

もう少し早く直しておけばよかった・・・と心から思いました。

 

 

一新された中身と反して、表紙は少々くたびれたままとなってます。

表紙をX-PACに張り替えたタイプも作ってみたいですね。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です