シムシティーみたいな木

この記事をシェアする

シークレットリングに使う木材の折り方がどんどん効率化してきました。


万力を使ってテコの原理で折っていきます。

力業感があってワクワクします。

以前頑張っても折ることが出来なかった紫檀の木をようやく折ることができました。

 

 


折るとこんな感じ。

ウォールナットに比べると繊維が細かいというか、剣山のような山々。

 

 


木材をケチった故に若干短くなったせいでテコの原理が効きにくくなっています。

 

 


もう少し木材の長さを長くすれば軽い力でも折ることができそうです。

 

 


キッチリとした区画に並んでいる山脈オブジェクト感が凄い・・・

 

 


並べるとどことなく「シムシティー感」が漂います。

 

 

 
これなんか「魔王の住む山」感やばいです・・・

 

【NEXT >>】

UVレジンに手を出してみた

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です