イヤホンケース

この記事をシェアする

イヤホンのコードから解放されたい一心でBluetoothイヤホンを購入。

抜き身ではやや心許ないのでクッション性のあるケースを作ってみました。

 


個人的に大好きな「Anker」製。

ケースは充電器も兼ねているので落下ダメージから守る(落とすこと前提)にはどうすれば良いか?を考えた結果、収納する袋を自作することにしました。

なるべく収納袋自体がが大きくなることを避けたいので使用する素材は「リップストップナイロン」

軽量かつ丈夫なので最近なにかとお世話になっている生地です。

 


クッションとなる素材は100均にてインナーケースを入手しました。

 

 


リップストップナイロンを袋縫いして、適正なサイズにカットしたインナーケースを封入。

 

 


四方を縫い合わせてファスナーを縫い合わせれば完成。

 


クリアランスギリギリな設計ですが、リップストップナイロン自体の表面がサラサラしているため軽く突っ込んだだけで「スルリ」と入る瞬間はクセになります。

「持ち手」を追加したのが何気に便利。
クッション性も効いているのでうっかり落としてしまっても安心。


重量も「3g」と超身軽!

この手の軽量素材はいいなぁ〜と改めて思いました。

 

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です