ShPARKA 完売の話

この記事をシェアする

 

 

 

Makuakeプロジェクト開始から、あと少しで祝2ヶ月目!

と、個人的に感慨深い気持ちで一日を締め括ろうとページを確認して「うおっ!?と変な声がでました。

 

支援者様の数が急激に増え、残り30個以上あったShPARKAが瞬く間に完売となってしまいました。

何が起きたのかまったく分からず、オロオロしながら管理者ページを開くと今まで見たことない数のメッセージが・・・。

 

内容はどれも再入荷のお問い合わせでした。

 

 

 

色々と調べた結果、YAMA HACK様のFacebookに取り上げてもらえたことが判明。

 

なるほど・・・。

理由が判明すると妙に頭が冷静になりました。

 

 

 

 

 


 

サイトの方を確認すると、アクセスランキング「3位」となっています。

 

大変栄誉なことですが、内心はかなり複雑な気持ちでした。

 

 

 

今の体制だと、お問い合わせを頂いた方々すべてに行き渡る数量が確保できない・・・

 

 

Makuakeプロジェクトスタートの1ヶ月ほど前に、縫製の依頼をお願いした先から「225個」以上を作ることは難しいとの返答をもらっていたため、「追加リターン」等の解決策が提示できるのかどうかこの時点では不明です。

 

自分の力ではどうしようもないことの連続に、しばらくPCの前で固まっていました。

 

クラウドファンディングという体制に甘んじて、生産数上限を設けてのスタートしたことや、自分が作ったものにたいするマーケティングの見積もりの甘さ等、いくつもの後悔が頭の中で渦巻いてました。

 

このまま考えても埒が明かないためお問い合わせのメッセージに返信した後、就寝して朝イチに考えることにします。

 

明日になったら何らかの解決策が思いつけば良いのですが・・・

 

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です