枯れ山に草を生やしましょう

この記事をシェアする

現在、絶賛ドハマリ中で周囲から若干引かれ気味な「シークレットリング作り」。

最終的な目標は「オーロラの再現」ですが、今回は木材のパートである「山々」にスポットを当ててみたいと思います。


購入してきたのは「フォーリッジ」

鉄道模型などで「森」や「山」に使用するスポンジ状のパウダーです。

 

 

 
前回ペンチで噛み砕いた山にパラパラと降りかけてみました。

おお!不毛の大地に緑が蘇った!


調子に乗ってバンバン振りかけて行きます。

 

 


しばらくして気付いたのですが、山肌に「水溶きボンドを塗ってフォーリッジを振りかける」よりも、「ボンドに浸したフォーリッジをピンセットで押しつける」方が効率的な作業ができました。

 

 


周囲はレジンの研磨で削り落とされてしまうので、全面でなく中心部のみに振りかけるのがポイント。(フォーリッジの塊がレジン面に出るとクリア感が失われるため)

 

 


ボンドが乾燥すれば完成。

ジオラマのような山が姿を現しました。

毎度のことですが「もう、このままで完成で良いんじゃない?」と思います。

次回は山から川を流してみます。

 

 

 

【NEXT >>】

全長25mmの川

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です