ペツル新型

この記事をシェアする

外に出るときは常に肌身離さず持ち歩いているアイテムのひとつ「ペツル ジプカプラス」

いつの間にか新型が発売されていたので購入しました。

 


新型のPETZL ZIPKAE93ABA  と PETZL ZIPKA PLUS 2 E98PG

以前の型と比べると角張った印象があります。
(正当に進化した後継機たるフォルムがたまりません)

 

 


ライトの周囲に蓄光パーツが使用されており、明かりを消してもしばらくは蛍光色の薄明かりが灯ってます。

暗がりでうっかり落としてしまったときに安心?

見た目の変化と共に「こんな地道なアップデートが・・・」と思った点ですが個人的に大好物です。

 

 


リール部分を引っ張ると簡易ヘッドライトとして使える点も相変わらず。

頭はもちろん、手首や腕、自転車のハンドルや木の枝に固定したこともあるほどの汎用性の高さを知るともう普通のライトには戻れません。

リールコードは切れにくい「ダイニーマ」を使用しているそうですが、その強度はお墨付き。

以前のモデルはかなり荒い使い方をしたこともありましたが、切れる心配なく6年経過した今でも現役です。

 


単四電池を3本使用する仕様ですが、新しく買い換えるに至り専用のバッテリーも購入。

若干軽量化に繋がったのと、バッテリーの持ちが良くなった点では良い選択だったと思います。

 

 

 


明かりの強さ(ルーメン)も以前のモデルと比べると着実に向上していました。
個人的にもう完成されているアイテムだと思っていたので嬉しい誤算。

完全防水では無いですが、横殴りの雨が降り続ける富士山を登ったときは頼りになる相棒でした。

今後も何かとお世話になると思うので大切に使って行きたいと思います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です