バッタの本

この記事をシェアする

以前から興味があった本を読んでみました。

俗に言うジャケ買い。

「これは・・・出落ちのニオイがする・・・」とドキドキしながら読み進めていきましたが、なかなか面白いお話でした。

 

研究職の方々はとても大変なお仕事なんだなあ としみじみ思ったのと、書籍を世に出す上でしっかりとしたパートナー(出版社の方)と出会えることは素敵なことなのだ!と変なところで感銘を受けてしまいました。

 

本編もしっかり骨太な展開で飽きること無く綴られているので、興味のある方は是非手に取ってもらいたい一冊です。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です