ShPARKAの今後について

お知らせ

– ShPARKAの今後について –

今後のお問い合わせに付きましては、このサイト「Quseful.info」のお問い合わせフォーム、もしくは直接メールにてご連絡ください。

2020.10.22

一般販売の形態について

 

「受注生産」「お届けまでに2週間ほどの猶予いただく」形で専用窓口からご依頼を受け付ける形で決定しました。

物流の問題で海外から取り寄せている生地が遅延しており、窓口の開設が11月中旬となりそうです。

2020.9.30

一般販売について

 

Quseful.info(このサイト)にて、ご注文を受け付ける方向で動いています。(月産10個ほどのローペースからスタート予定)

現在は生地や資材の手配を行い、準備をしている段階です。

10月末辺りには受付のお知らせができるよう調整しています。

2020.9.10

一般販売 現時点でのご報告

 

少量ずつではありますが、受注生産という形を取り販売できればと考えています。

「量産を行い在庫を蓄えておくことで、ShPARKAをお求めになった方へいち早くお届けできる体制を整える」ことを目標に国内外で縫製工場を探していましたが、なかなか思うように行かず頓挫してしまいました。

商品購入のお問い合わせに対してお断りの返信を繰り返す度に「何とかできないか?」と考えた結果、自分で縫製する道を選びました。

日中は仕事を行っているため、制作のペースはスローペースになると思われます。

その点ご理解いただければ幸いです。

現在はQuseful.info、InstagramのDMにてお問い合わせいただいた方へ一般販売のご連絡(商品の受注案内)をさせて頂いております。

2020.4.25

今後の一般販売について

 

Makuakeプロジェクトが終了し、一般販売に向けて「量産体制の強化」を目標に2月初旬から縫製工場の開拓を行っていたのですが、新型コロナウィルスの影響で停滞している次第です。

何か動きがありましたら、このサイトにて告知する予定です。

ご了承いただきますようお願い申し上げます。

 

2020.3.30

ShPARKAの今後の件

 

昨年の9月よりスタートしたクラウドファンディング「コインが取り出しやすい」重さ20gの軽量サイフ「ShPARKA(シュパーカ)」ですが、3月23日より順次発送できるよう手配を行っています。

支援していただいた皆さまのおかげでここまで来ることができました。心より感謝致します。

発送を皮切りに今後ShPARKAの開発/販売は、実行者:濱田真彰から勤め先である「株式会社ジャスト」名義で行うこととなりました。
主にデザインを中心とした企画を扱っており、私はデザイナーとして日々仕事を行っています。

ShPARKAの開発の段階から社長を始めとした社員数名が力を貸してくれており、今後の課題である「一般販売」に向けてのサポートを約束してくれました。

購入してくださった皆さまに対して、アフターフォローをより強固にするための選択です。

今後のお問い合わせに付きましては、このサイト「Quseful.info」のお問い合わせフォーム、もしくは直接メールにてご連絡ください。

小銭入れの使い方マニュアル