ShPARKAの量産とか一般販売とか

ShPARKAの一般販売に向けて

 

販売サイトは11月中旬に開設予定。

専用の窓口を設けてご注文いただく形になりそうです。 

 

仕事と掛け持ちのため、数多く作ることは難しいですが、なるべく必要としてくれる方々の手に届くよう努力する次第です。

 

 

 

一般販売までの経緯

 

ShPARKAに使用するファスナーなどのパーツや資材を勤め先から購入していた事がキッカケで、Makuakeプロジェクト仕事仲間の力を借りて行っており、プロジェクト終了までのサポート(在庫管理や発送)を手伝ってもらっていました。

 

一般販売後も同じ体制で行う予定でしたが、新型コロナウィルスの影響で量産に向けた縫製工場の開拓が思うように行かず、会社のサポートをこちらからお断りすることで一度凍結。 今後の販売は半ば諦める形で日々を過ごしていました。

 

 

Makuake終了後からShPARKAを求めるお問い合わせメールは定期的に届き、お断りの返信を繰り返すこと数十件。

 

「一般販売を楽しみにしています!」等のメッセージを目にして、応えられないことに耐えられなくなったのが8月の初旬辺り。

手始めに一般販売まで待ってくれていた方々を対象に連絡を取り、自らミシンを踏んで商品を作りお届けすることから始めてみました。

 

 

色々と試した結果「受注生産」+「2週間ほどの猶予をもらう」といった形を取ればなんとか回せることが判ってきました。

毎日、量産するためにどんな方法を取れば効率的に縫えるのか?を考えながらコツコツ作ってます。

 

 

 

 

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です