ShPARKA ブラックの思い出

作った数、支援者様の数、トラブルの数、とりあえず “群を抜いて一番の数” を誇るカラーでした。

 

 

 

現在の形になるまでプロトタイプを何度も作り続けましたが、様々な素材を用いた大量の「黒いサイフ」が机に並んでいました。

それなりに数をこなしたことから「縫製スキルが上がったのでは?」と他のカラー(レッドやブルー)で作った際、黒色では判りにくかった粗が目立ち、クオリティーの低さに愕然としたことは苦い思い出です。

 

 

 

 

 

 

支援していただいた数も圧倒的に多く、それだけに“生地のトラブルによるサイフの作り直し”は相当なダメージでした。(当時は支援者様からの暖かいメッセージに支えられました)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的に「ヘザー」に次いでシーンを選ばないため、非常に扱いやすいカラーだと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です