ShPARKA ブルーの思い出

男女問わず人気の高いカラーでした。


Makuakeプロジェクトのためにカラー選定を行ったときも、一番人気になるであろうブラックに次いで決まった色でもあります。

 

個人的に「登山」を想定して設計したShPARKAですが、周囲の友人に意見を聞いたところ、

 

「ジョギング用に最適!」

「自転車やってんだけど、こんなサイフを探してた!!」

 

等、「登山以外でもこのサイフの使い道ってあるんだ・・・」と、自分の想像すらしていなかった“外の趣味”が判明した瞬間でもありました。

 

その中でもあまりに多くの方がブルーを選ぶ率が高かったため、モノトーン系(ブラックやグレーなどの無色)以外の色付き枠は「ブルーのみで良いのでは?」と真剣に考えた時期もあります。

 

 


Makuakeのリターン品としての商品はプロの職人さんが縫ってくれていますが、サンプル品や型を修正した時の試作品はすべて自分で縫製しています。


そんな中「あ、これ上手く縫えたな」と思う色は大体ブルーでした。

「ここはこう縫ったら綺麗に見えるんだ・・・」と発見するときもブルー。

 

故に記念撮影的な写真が一番多かったり、

 

 

 

 

動画(WEB説明書)の撮影サンプルや、

 

 

「縫製の仕様書」に使用したりと、常に売れっ子状態でした。

 

 

 

 

そして、Makuakeの販促として撮った写真で良い作品に恵まれる率が高かったのもブルーなのです。
(´-`).oO(恐ろしい子・・・)

 



 

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です