軽量サイフの制作記録

STORY

 

「薄くて軽い」を謳っていても、小銭やカード類を大量に入れてしまっては、その特徴を維持できずサイフが膨らみ重くなってしまいます。

 

 

解決策として「サイフの収納容量」に制限をかけて開発してみましたが、小銭入れに大きなしわ寄せが生じました。

小銭は買い物をする度に増える可能性があります。

せっかく薄くて軽いサイフを持ち歩いているのに、補助として小銭入れを別途携帯してしまっては本末転倒です。

また、軽量化のために使用する生地の面積を抑えると「取り出しやすさ」を犠牲にしてしまうことがわかりました。

 

以下の問題点を解決するため、最終的な基本コンセプトを

① サイフ自体の重さを極力排除
② 小銭入れの使いやすさを追求する
③ 収納容量を一般的なサイフのそれと同等にする

に決めました。

What’s ShPARKA

素材レベルで軽量

軽量で耐久性に優れた生地「X-Pac」をメイン素材として使用し「使いやすい小銭入れ」を目指して開発した軽量サイフです。

設計の段階で「必要/不必要」の選別を徹底的に行った結果、厚みは9mm、重さは約20gとなりました。

「使いやすい」を考え抜いた小銭入れ
“ コインパーカー ”

ShPARKAの大きな特徴である「コインパーカー」。

使いやすさを考えていくと「ボックス型の小銭入れ」が理想的でした。

薄くペラペラした生地では実現が難しい問題を、まったく新しい構造でクリア!
大きく開いた小銭入れを見渡しながら、必要な小銭を探すことができます。

充分な収納容量

一般的なサイフの容量を確保。出先で小銭や収納するもの(レシート、スタンプカード)が増えても安心です。

抜群に使いやすい小銭入れでありながら、お札も取り出しやすく設計しています。

スペック

・素材 :X-Pac VX07HS(※ヘザーのみX-Pac LX21)
    リップストップ40Dナイロン

・厚み :9mm

・サイズ:W99 × H89mm(折りたたみ時)
    :W170 × H89mm(展開時)

・重さ :約20g (※ヘザーのみ約23g)

日常使いにも気軽に対応

薄くて軽いサイフながら、日常使いに対応した容量を確保できるように設計。

出先の買い物で収納物が増えても安心。

気軽なおでかけをサポートします。

Diary

「長く使い続けたお気に入りの財布が壊れた」という日常のひとコマから始まり、気が付けば「クラウドファンディングへ参加して発売する」という大舞台へと流れ着きました。

様々な人達と出会い、助けられながら「プロジェクト達成」というゴールを迎えます。

自分の人生において数多くの学びを与えてくれた忘れがたい挑戦の記録です。

作った理由 〜 開発まで

【 START 】>>

迷走 〜 Makuake参加まで

【 START 】>>

 Makuake参加 〜 プロジェクト達成まで

【 START 】>>